パレードノヒビ裏日記

40歳代女子が思うことをとりとめなく書いてみる日記。

「るーみっくアニメ大投票」への道 その3 好きなエピソード投票編【うる星やつら編】

#157 ダーリンのやさしさが好きだっちゃ…

 

ということで「るーみっくアニメ大投票」に私は何を投票するべきかをいろいろ考えてまいりました。

第一弾「作品編」

 

picfanz.hatenablog.com

 第二弾は「キャラクター編」

 

picfanz.hatenablog.com

 

 

でなことで第3弾は「好きなエピソード」でございます。

www6.nhk.or.jp

 

えーっと

各シリーズ(「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」「犬夜叉」「境界のRINNE」)ごとに最大3つまで投票することができます。

 ということですが、「らんま」以降はあんまり観てないんですよw
なのでうる星やつらめぞん一刻のみでいきます。すいません。

 

私の好きなうる星やつらエピソード

うわ。サブタイトルを観ていたら100話~120話前後のエピソードがめっちゃ粒ぞろいで参ります。いわゆる後期押井チーフディレクター回ですね。ここから選ぶのは至難の業です。なぜなら後半がガチ決まりしてるんでw

 

第114話 ドキュメント・ミス友引は誰だ!?

 

いわゆる「友引高校大騒ぎ」回ですね。原作だと後半はミス友引の本選になってここも面白いんですけど、前半の押井カントクらしい裏取引やらなんやらだけで面白くなってる回で、いかにも「アニメうる星やつら」らしい回じゃないかと思います。
2週目に本選もこのペースでやっても良かったですけど、ヤリスギになるかもなあ。
とにかく現在のアニメでこのくらい原作裏切る(いい意味でw)アニメってないよなあ。

 

 

第123話 大金庫!決死のサバイバル!!

 

最初見たときこの当時よくあった「再編集回」かなあとおもったんですが、いまちゃんとみて「全部作ってるじゃん!」とびっくりしたところです。なんせ当時はビデオなくてカセットテープで音声を録音したものを聴くだけでしたんでね。(だから声オタになったのかもw)
その後のアニメ声優さんのテクニックを学ぶNHK番組のテキストであたる役古川さんが取り上げていたんですけど、この回は古川さんと面堂役の神谷明さんのみで収録したのはもちろんですが、リハーサル無しで一発取りだったんだとか。

ええっ!
あの頃って当日台本渡しの当日初めて映像見る、って聴いたことあるんですけど(汗)
なんともまあ初見であそこまでやったのはスゴイです。
もうそこだけで一番ですよこれは。

 

第180話 ダーリンのやさしさが好きだっちゃ…

 

あたラムラブラブ回色々ありますけど、これが一番スキです。
以前のキャラクター回でも書きましたけど、望ちゃんはあたるファンにとって夢ですよ!私も望ちゃんになりたい!ちょっとだけでいいからあたるクンとデートしたい!と思うわけですよ。望ちゃんぐらいだったらラムちゃんとの仲をこわなさいから大丈夫!(なにが?)

まあこの回の原作版も好きなんです。そこで好きな中のセリフは望ちゃんが消えてた直後の「もうすこし着てる」なんです。これアニメ版の古川さんのセリフもとても良かった。でもアニメだと一番最後のラムちゃんの「うちも幽霊になろうかな?」に対しての「なにいってんだばーか」がとてもさり気なくあたるらしさが全面に出ていて「もう少し…」のセリフよりすごく好きなのです。
作品を役者がグレードアップさせている「大金庫…」の回もそうですがうる星やつらにおける声優さんの底力はほんとすごい。が主眼となって選んでおります。声オタなのでw

あーっとめぞんはまだ選びきれてないので、次回につづく!